スージー・ズー★デコ

アンティーク・テディベアの世界

アンティーク・テディベアの世界

Steiff(ドイツ)
☆+。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。+☆

アンティーク・テディベアの世界

シュタイフ社製 アンティークベア コレクション

@CenterSeamBear

☆+。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。+☆

Steiff(ドイツ)

初期(1908年頃まで)のシュタイフ社では材料を経済的に使うため、

モヘアのひと丈から頭の部分を6枚カットし、そして7番目の頭は2枚のパーツに分かれたので、

鼻の中心にはぎ目のあるベアを作りました。

はぎ目は独特の表情を与えることになり、また生産数も少ないため、今ではセンターシームと

呼ばれ収集価値の高いベアになりました。

このベアは1907年頃のもので、ボタンもついています。


☆+。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。+☆

シュタイフ社製 アンティークベア コレクションMENU

☆+。゚+*:;;;:*:;;;:*゚。+☆

友達に教える

©アンティーク・テディベアの世界